読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毅然とし、それとなく。

気まぐれでありつつ適当に書き記す。

【東方小説】東方刻奇跡 38話「信仰は美しき幻想の為に」(完結)

東方刻奇跡まとめへ戻る







 暖かく、透き通った柔らかい風が突き抜ける。早苗を、森を、幻想郷を。
 それが通り過ぎた瞬間――大地に活力が満ちていくのがわかった。土や樹木に限ったことではない。倒れている人間と妖怪たちの傷が癒えていく。
「っ……これは……なんで……?」
 怪我が治り、意識を取り戻したらしい霊夢が呟いた。驚いている様子だが、それは霊夢だけではない。その場にいる全員が同様の反応を示していた。
 もちろん早苗も例外ではなく、想定外の出来事に眼を瞠っていた。これが本当に“幻想郷を破壊する力”?傍から見ても、そうは思えない。むしろ、“幻想郷を癒す力”のように思える。
 いや――眼前のそれは、治癒そのものだった。
 “奇跡”。これをそう呼ばずしてなんと言うのか。この力はまさしく奇跡。自分の力として身につけ、使いこなしてきた奇跡だ。
「……有り得ない……っ」
 無意識に言葉が漏れていた。そう思うのも当然である。先程まで幻想郷を傷つけていた力が、その逆に変化することなど、不可能極まりないのだ。だが、早苗はそこまで考えてはっとなった。
 “奇跡”という言葉に慣れ過ぎていたあまり、それを意味するものを履き違えていた。
 奇跡は起こすものではない。起こり得ないことが起こり得るからこそ奇跡なのだ。
 それを理解した途端、ゆっくりと眼を閉じた早苗に過去の記憶が呼び覚まされた。


 その記憶は、前に一度呼び起こしたことがあった。
 そう――あれは、神奈子様と諏訪子様が消える直前、身体が幼児化する直前に見た走馬灯。
 七夕の日に、諏訪子様と二人で。
 私は昔を懐かしみながら、短冊を手にした。
 諏訪子様は私をからかったっけ。
 私の想いを形にして、そうして短冊に書いたのは……『幻想郷が、幸せになりますように。』
 ここが始まりだった。この瞬間から奇跡はゆっくりと、静かに形を成していった。全ては幻想郷を癒すために。
 幻想郷をより良くするために、幻想郷を食らう――信じがたいが、私が無自覚に引き起こしたようだ。この奇跡を。なんて下らなくて、はた迷惑な話だろうか。
 自分自身を嘲笑してから、眼を開いて天空を見上げた。そして覚悟を決めた。この責任は、私自身が取らなくてはならない。
 もう全て理解した。考える必要はどこにもにない。私に出来ることはただ一つ。
 化け物は――いや、“東風谷早苗”は右腕を天に掲げ、そこから清く煌く光を放った。




 ――さあ、終わらせよう。
 そして創めよう、幻想郷を――





 刻め。奇跡を。





 暖かい風に加えて、光が世界を照らす。その二つが交錯し、幻想郷を包み込む。
「一体何が――?」
 美鈴が誰にでもなく疑問を投げかけると、何かを察したパチュリーがはっとなった。
「美鈴!急いで紅魔館へ戻るわよ!!」
「えっ、へ、え!?何故ですパチュリー様!?」
「――在るべき主の帰還よ!」
 パチュリーが踵を返しつつ微笑みながらそう言うと、紅魔の二人は館に向かって森の奥深くへと走り消えた。
 数多の光があちこちへ向かって弧を描いていった。紅魔館。香霖堂。白玉楼。そして――守矢神社。幾万の光が夜空を駆け巡る。
「あの方角は……まさか……!」
 白玉楼へ駆けた光を見落とさなかった妖夢は、紅魔の二人の様子から一つの予想が思い浮かんだ。その瞬間には、既に身体は動いていた。
 霊夢と紫、藍、橙はただ呆然と眺めているしかなかった。
 まず初めに、紅魔館を包み込んだ光が消滅した。そこには数日前にいなくなったはずのレミリアと咲夜の姿が現れていた。
「あ、れ……どうして……?」
 咲夜が不思議そうに辺りを見渡す。疑問は当然である。自害したはずのこの身が何故ここにある?何故大地を踏みしめている?状況が理解出来ないまま困惑していると、隣にいたレミリアが突如抱きついてきた。
「咲夜っ!!咲夜……良かった……良かったよ……!!ごめんね、ごめん……!!」
 涙目になりながら、レミリアは謝罪し続けた。その抱擁は強く、もう二度と離すものかという強い想いすら感じ取ることが出来た。そんな主を見たおかげで燻っていた不安と恐怖が一瞬で掻き消えた咲夜は、くすりと笑い、レミリアの頭に静かに触れた。
「大丈夫ですよ、お嬢様。十六夜咲夜はここにいます」
 咲夜がレミリアの頭を撫でていると、人影が現れた。フランドールであった。フランドールとて、早苗の奇跡の例外ではないのだから、そこにいるのは当然であった。生前のまま――紫に改造される前の姿のまま――であったそれは、申し訳なさそうに二人に寄り添うのを躊躇していた。
 それを見かねた咲夜が再び微笑むと、フランドールの手をとって、レミリアの手と繋いだ。
「二人で、仲良く」
 そう言いながら、自分の手だけを放そうとすると、フランドールがそれを許さなかった。フランドールは強引に咲夜の手を掴むと、三人で手を合わせた。
「違うよ、三人……ううん、紅魔館にいる人たち、みんなで!」
 フランドールが出来る限りでいっぱいの、明るい笑顔でそう言った。その笑顔は屈託もなく、ただ無邪気だった。その瞳と笑顔は、自分には眩しすぎると思っていた咲夜は、つい手を離しかけてしまう――が、それもまた叶わなかった。
 重ねていた掌に、更に二人分の――パチュリーと美鈴の手が合わさったからだ。二人もまた笑顔で、咲夜に微笑んでいた。
 ――ああ、そうだ。その通りだ。自分はなんて愚かだったんだろう。と咲夜は瞳を閉じながら紅魔館の暖かさを身を持って感じた。
「そうですね……みんな、みんなで!」
 五人は、未だ無数の光が瞬く夜空を見上げた。
 みんなで、一緒に。
 絆は、より一層深まり、もう二度と崩れることはないだろう。



 紅魔館の付近、湖。ここは、かつて氷の女王が棲む城があったのだが――不幸が重なり、封印された。
 大妖精とチルノは、その傍で気を失っていた。眼が覚めた大妖精は、当然違和感に驚いていた。大妖精は、封印の解けてしまった城を妖怪に戻ってしまったチルノとともに再び封印し、湖の奥底で永遠に眠り続けるはずだった。そのはずが、今こうして地に立っている。城の封印も解かれていないし、何よりチルノが再び妖精になっている。まるで、あの出来事が無かったのではと錯覚してしまうほどに、元通りだった。
 ここまで元通りなら、チルノの母も生き返ってくれれば良かったのに――そう思ったが、かぶりを振って考えを振り払った。あの事件は、自分の罪。罪は一生背負わなければならない。逃げることなど許されないのだ。向き合うんだ。チルノと一緒に。
 そのためにも――と、考えたところでチルノの眼が覚めた。
「……ん……ぁれ……?あたい、何してたんだっけ……?」
 眠そうな顔で眼をこすりながら辺りを見回すチルノ。どうやら、完全に記憶がなくなっているようだ。
 それなら。
 何も覚えていないならば。
「あっ!大ちゃん!あそぼー!!」
 やがて大妖精を見つけたチルノが元気いっぱいに駆け寄ってくる。それを見た大妖精は、悲しく微笑んだ。
「うん、いいよ。でもね、チルノちゃん。その前に、とっても大事な話があるんだ」
 ちゃんと、向き合って話そう、真実を。隠して怯えるよりも、理解して、和解したい。それがきっと、正しい道だと思うから。
 首を傾げるチルノに向けて、大妖精は静かに口を開いた。
 もう間違えない。もう逃げない。もう嘘をつかない。
 さあ、何から話そうか。



 妖夢は駆けた。深い森を。長い階段を。その先に、その先にきっと主が戻っていると信じて。
幽々子様……っ!」
 涙で視界が滲む。会いたい。会いたい。
 そうして白玉楼へ転がり込む。しかし、屋敷には誰もいなかった。それならば、と妖夢西行妖を見た。
 西行妖は満開ではなくなっていた。それが意味することを、妖夢は知っていた。
 そう、そこには、――幽々子の姿があった。西行妖を見上げている為、こちらからは背中しか見えないが、それでも存在を確信するには十分であった。
幽々子さまああっ!!」
 零れる涙をぐっと堪え、急いで駆け寄った。幽々子は静かにこちらへ振り向き、微笑んだ。
「……妖夢。私が留守の間、しっかり出来ていたかしら?」
 その、普段とは違う、静かながらも強い気迫を感じられる言葉を聞いて、妖夢は立ち止まった。そして、右手を胸に当て、涙目になりつつも毅然とした様子ではっきりと告げた。
「――いいえ。我が身、我が刃は主の為に在り。主無きままでは輝きません。私は未熟者故に、あなたが必要なのです。もう少しだけ、あなたの盾でいさせて下さい。我が主よ」
 妖夢が跪き、幽々子は微笑んだまま、無言で頷いた。



「生きてる……」
 ぬえは一言呟いた。自分は東風谷早苗に殺されたのではないか。
「ハハッ……なんだよ、それ……メチャクチャだよ……相変わらず」
 彼女には、何がなんだかさっぱり理解出来なかった。しかし、早苗が何かとんでもないことをしでかしたのはわかる気がした。
「何してるのぬえちゃん!早く行こう!」
 自分が死んでいたことにすら気付いてない小傘は、無邪気にぬえを呼んでいた。そんな小傘の様子を見て、一つ思いついたことがある。ぬえはゆっくりと小傘に近づいた。
「小傘……今から、早苗を驚かせる計画を立てよう!」
 突然そう言われて小傘はきょとんとしていたが、すぐに笑顔になって頷いた。
 高度な悪戯をされた報復をしてやるんだ。



 リグルは、ただ立ち尽くしていた。
 眼を閉じて風を感じていた。
 やがて少しだけ微笑み、深い森の何処かへと消えていった。
 彼女は一体何を思い、何を考えたのだろう。
 それは彼女だけが知っていることだ。



 ――そして、外の世界。
 加奈は気がつくと駅のホームの人混みの中で立っていた。
 自分がこれまで何をしていたのか、まったく思い出せない。けれど、何か大切なことがあったような気がする――。
「……まあ、いいか」
 気にしていても仕方が無いので外へ出ようと歩き出そうとしたその瞬間。
 暖かい風が頬を撫でた――感覚がした。
 思わず振り返った加奈は、小さい違和感に首を傾げ、今度こそ歩き出した。歩を進めながら、加奈はかつての親友に思いを馳せていた。
 早苗ちゃん、今何してるのかなぁ……。



 たくさんの人が、奇跡の光に包まれた。
 いつの間にか姿が人間に戻っていた早苗は、自らの放つ光が徐々に弱まり、奇跡が完遂しつつあることを悟った。光が収まると同時に、早苗は天にかざしていた掌を下げた。
 すると、早苗の身体が、ふと半透明になっているのを感じた。――それは早苗が消えかかっている証拠だった。
 考えるまでもなかった。あれだけの力を抱え込めば、人間は無事ではすまない――さっき身体が変貌したのはその証拠である――それに、早苗はたくさんの人を強引に蘇らせた。運命や因果を無視したこの行いは、八雲紫が起こした『禁忌』と何ら変わらない。早苗自身もよく判っていることだ。だからこそ、早苗は自然とこの現状を受け入れることが出来た。
 もしかしたら、と早苗は思った。もしかしたら、この奇跡は、自らの心ですらも捧げるものだったのかもしれないと。
「早苗……あ、あんた」
「……霊夢さん。ごめんなさい。そして、ありがとうございました」
 狼狽している霊夢に、早苗はただそれだけ告げ、微笑むことしかしなかった。多く語る必要は無い。霊夢ならきっと判ってくれるだろうから。
 予想通りすぐに落ち着いた霊夢は、静かに頷いた。そして、身体を翻し、紫たちを見た。
「……なんだか、全てが無駄骨だったみたいね、紫」
「本当に、そうみたいね」
「頭、冷えた?」
「……ええ」
 敵意が完全に消失した紫が、優しい瞳のまま霊夢の問いかけに答えた。式の二人はいつの間にか――紫が返したのだろう――いなくなっていた。
「私は――あなたに謝罪しなくてはならないようね……東風谷早苗
「いいえ。私の自業自得ですから」
「でも、あなたは幻想郷を愛していた――私と同じように。全ては結果論で、今更遅いのだけれども……ごめんなさい。そして、ありがとう」
 そうして早苗と紫は微笑みあっていると、何やらこちらへ走ってくる音が聞こえる。
「早苗――――――――っ!!」
 その正体は、早苗にとってとても大切な存在だった。
「諏訪子様、神奈子様……」
 ずっと会いたかった。会いたかったんだ。本当に長い道のりだった。最期に会えたのがせめてもの救いかもしれない。二人は、早苗を抱擁しようと駆け寄ろうとした。
「お二人とも……本当に、ごめんなさ――」
 しかし、遅かった。
 早苗を包む光は強さを増し、二人が抱き留める直前に早苗は完全に消滅してしまったのだ。
 伸ばした二人の両手が掴んだものは、空虚な無だけだった。神奈子はそこに立ち尽くし、諏訪子は膝からゆっくりと崩れ落ちた。
「馬鹿者め……何故謝る……ッ!」
 神奈子が昂る感情を抑えつつ小さな声で呟いた。
「早苗……」
 俯きながら、直前まで早苗が立っていた地を見つめながら、諏訪子が言葉を漏らす。
 もっと、抱き締めてあげたかった。もっと、話を聞いてあげたかった。でもそれももう叶わない。
 そんな虚無感に、諏訪子は押し潰されそうになっていた。神奈子も同様であった――が、偶然眼前を横切った『希望のカケラ』を見落とさなかった。
「なあ、神奈子……こんなの、理不尽すぎると思わないか……?どうしてあの子だけこんな目に合う必要がある……?」
 俯いたまま嗚咽を漏らし、涙を流しながら話す諏訪子。
「これはあの子が自分で招いたことなんだ……今更私たちにはどうすることもできないさ……諏訪子、上を見な」
 神奈子に言われるがまま、諏訪子が頭上を見上げた。――そこには、緑色に輝く魂があった。
 それを目視した瞬間には、魂はすでに遠くへ移動していた。
 その、行き先は――


 影も形もない、かつての『早苗』は、ただ黒い世界を漂っていた。
 私はどうなるんだろう――
 このまま消えて、そして……?
 ……いや、違う。これは。この、感覚は……?
 ――あたたかい。とても、あたたかい。
 これからどうなるかなんて、解らないけれど――
 今はこの温もりに身を委ねていよう。

 自らを包むものに身を任せ、『早苗としての意識』はそこで完全に途切れた。


 香霖堂へ戻った魔理沙は、霖太郎をあやしていた。幸い、霖太郎は良い子にしてずっと待っていたようだ。だが、帰って来た途端に駆け寄ってきた辺り、もう少し遅かったら危なかったであろう。
 霊夢たちは大丈夫だろうか。自分も後で戻ったほうが良いだろうか。しかし、この子をこれ以上一人にしておくわけには……かといって、連れて行くのも危険だ。
 そんな風に思考を巡らせていると、何やらどこからともかく緑色の人魂が現れた。間髪入れずに、魔理沙のお腹の中へと入りこんでいった。
 途端に、全てを理解した。
「……そっか、早苗……よくがんばったな……」
 魔理沙は哀しげに微笑みながら、お腹をなでる。
「ゆっくり休め……今度こそ、お前を一人になんかさせないからさ」
 そう静かに言い聞かせていると、何やら隣にいる霖太郎の様子がおかしい。
「おとーさん!」
 すると、唐突に霖之助のことを呼んだ。はは、何を言ってるんだこの子は。彼はもうどこにもいない。いないのに、どうして――。
 再び襲ってきた虚無感に、魔理沙は涙を流しそうになったが、我慢した。
 次の瞬間に、香霖堂の玄関の扉が開かれる音がした。
「――っ……悪いけど、今は休業中だ。また後にしてくれないか。――そもそも、こんな深夜に店に来るなんて常識外れすぎる……ぜ……」
 無理やり涙を引っ込め、振り向きつつ普段の調子を保てるように頭を掻きながらゆっくりと扉を見た。そこには。
「……ただいま、魔理沙
 霖之助の姿があった。魔理沙は大きく眼を見開く。どうして生き返ったのか判らない。判らないが、自然と大粒の涙が溢れ、流れ出ていた。
「まるで……奇跡だぜ……」
 とめどなく溢れる涙を止めようともせず、笑って見せた魔理沙。また、それに返答するように霖之助も微笑んだ。
「奇跡だよ。きっと、彼女の」
 霖之助の言う通り、魔理沙もそんな気がした。これは早苗が起こした奇跡の結末なんだ、とお腹の子を見ながら思った。とにかく、今は霖之助にまた会えたのが嬉しくてたまらなかった。
 魔理沙はゆっくりと霖之助に近づき、思い切り抱きしめた。
 話したいことがたくさんあるんだ。これから、たくさんたくさん話そう。時間はいくらでもあるから。
 自分たちの未来を見据えて。



「きっと……『あの子』は消えたわけじゃない」
 頭上を見上げながら、言い聞かせるように神奈子が呟いた。
 『彼女』は、少なくとも自分を犠牲にするつもりはなかった。全員助かる可能性を考えていた。そういう生存本能が存在した結果、無意識に発動させた奇跡を変化させた可能性がある。
「そして、いつか私たちはまた『あの子』と一緒に過ごすことになるだろうさ。なんたって、『あの子』は私たちには必要なんだ」
「でも……また、こんなことになったら?」
「させないよ。今度は私たちが『あの子』を守るんだ。それが唯一、『あの子』へ返せる恩だからな――お前たちにも世話になったな」
 凛とした笑顔で告げながら、神奈子は霊夢と紫を見た。
「別に、気にしてないわよ。正直、自分を犠牲にした『あいつ』の行動はムカつくけど、今こうしていられるのも『あいつ』のおかげだからね」
「『彼女』は、自分の持ち得る力すらも乗り越えて奇跡を体現してみせた。『彼女』が愛し、癒したこの場所を、私はこれまでも、これからも守り続けて見せますわ」
「お願いだから、自己犠牲だけはやめてよね。こんな気分はもう沢山だわ」
「ふふ、そうね」
 霊夢の言葉に紫が笑う。


 これが『早苗という少女』の描くちっぽけで壮大な理想の夢物語だった。
 そしてその理想は今。
 象り、煌き、産声をあげる。
 産声は風となり、光となり、星となり、大地になる。
 『彼女』は奇跡を起こす少女だった。そして最期には、己自身を奇跡とした。この行いは、決して無駄ではない。
 小さく、しかし確実に、幻想郷はこれまで以上に美しき楽園として顕現しようとしていた。
 ここからが新たなる『幻想郷』の起点。はじまり。


 ――『彼女』もまた、はじまるために、今は眠る。





THE END



あとがき
というわけで、三年以上かけた東方小説「東方刻奇跡」、これにて完結となります。
ていうか時間かけすぎですね、ハイ……特に終盤。じっくり考えてたらどうしてもペース遅くなっちゃった……。
オチだけは最初から考えていたので、その通りにまとまって満足です。
恐らく、もう小説は書かないでしょう(笑)
これからは同人活動も増やしていきたいのでね。いつかシリアスものの同人誌を作れたらな、と思います……!
ここのブログの話を読んで惚れて下さった方は是非同人誌も買っていただけると……!←
それではこの辺で。ここまで読んでくださり本当にありがとうございました!!