毅然とし、それとなく。

気まぐれでありつつ適当に書き記す。

【東方小説】東方刻奇跡 38話「信仰は美しき幻想の為に」(完結)

東方刻奇跡まとめへ戻る 暖かく、透き通った柔らかい風が突き抜ける。早苗を、森を、幻想郷を。 それが通り過ぎた瞬間――大地に活力が満ちていくのがわかった。土や樹木に限ったことではない。倒れている人間と妖怪たちの傷が癒えていく。 「っ……これは……なん…

【11/2追記有】秘封祭をプレイした感想。

お久しぶりです。くわない=クウです。 今年の夏コミで頒布されたサークル『四面楚歌』さんのノベルゲーム、『秘封祭』が想像以上に面白かったので、ここに感想を書くことにしました。 あれおかしいね夏コミから二ヶ月以上経ってるね違うことやって先送りに…

【東方小説】東方刻奇跡 37話「光」

東方刻奇跡まとめへ戻る 早苗は、幻想郷をあちこち走り回った。自分自身の因果を解くために。 かつて住んでいた場所も訪れた。それでも判らなかった。一体どうすればこの力を解放することが出来るのか。そもそも、自分の能力なのに扱いきれていないとは、な…

【東方小説】東方刻奇跡 36話「愛憎」

東方刻奇跡まとめへ戻る 一方、霊夢と魔理沙は。 紫と本気で過激な弾幕勝負を繰り広げ、昼間かと見間違えるほどの眩い光が周囲を包んでいた。 子を身篭っている魔理沙は霊夢のサポートに身を任せ、激しい動きは極力避けていた。 霊夢が札を投げ、隙を作って…

投稿したゆゆゆ動画の解説みたいなもの

御久しぶりです。就職活動および動画製作をしていたら小説が滞ってしまっているくわない=クウです。(書くから…ちゃんと…)今回は、こないだ投稿したゆゆゆMADの映像解説をしていこうかと思って更新しました。【ニコニコ動画】【MAD】DEAD OR ALIVE【結城友…

【東方小説】東方刻奇跡 35話「獣の哭き声」

東方刻奇跡まとめへ戻る 更ける夜を頭上に早苗は、森の上を飛んでいた。しばらくして、背後から爆発音や眩しい光が響いてきた。紫と霊夢、魔理沙の弾幕ごっこが始まったのだろう。 今更振り向く訳にはいかない。二人の為にも、早苗は突き進むしかない。 ……と…

【東方小説】東方刻奇跡 34話「紫の誘い」

東方刻奇跡まとめへ戻る どうして。 その言葉ばかりが脳裏を支配していた。 早苗は一目散に妖怪の山を駆け下りて、どこかも分からない森の中を歩き続けている。 太陽は既に落ちて、淡い月光が早苗を照らしていた。その空虚な瞳には、欠けた月が映されていた…

『かぜなきし』を読みました

どうも、くわないです。 本日はとっても面白い東方同人誌を読んだのでついつい衝動で更新してしまいました、、、 早速本題へ。 今回僕が読んだのは、いよかん。さんの『かぜなきし』という作品でした。 中古だけどかなり前の作品なので致し方無し。

【東方小説】東方刻奇跡 33話「穢れた真実」

東方刻奇跡まとめへ戻る 無意識だった。 身体は妖怪の山へ――かつての帰るべき場所、守矢神社へと動き出していた。 早苗の知らない隠されている真実を知りたかったのか。眼前の出来事を否定したかったのか。あるいは、そのどちらでもあったのかもしれない。 …

【東方小説】東方刻奇跡 32話「空虚なキオク」

東方刻奇跡まとめへ戻る ****** 時は魔理沙が霊夢を掴んで上空へと躍り出た直後まで遡る。 そんな二人を見ようともせずに大きく眼を見開いたままの早苗は、目の前に転がる加奈だったものを見つめていた。地面に膝をつき、座り込んで脱力しながら。 加奈ちゃ…

【東方小説】東方刻奇跡 31話「ハクレイノミコ」

東方刻奇跡まとめへ戻る 霊夢とともに上空へと躍り出た魔理沙は、そのまま霊夢に向かって近距離で弾幕を放ち、霊夢を吹き飛ばすことによって距離をとった。 すると、霊夢は仮面の奥に潜む瞳を赤く煌めかせて魔理沙を見つめた。 「お前……一体どうしちまったん…

C86お疲れ様でした。(今更)

こんばんは!くわないです。 なんとなんと、僕は夏コミに参加してきました!!(今更) デジャヴなんてなかったんや。 もちろん初参加なので、オフ会も兼ねての参加ということになりました。交通費とか色々合計するとお金を5万以上溶かしましたが、とても楽…

【東方小説】東方刻奇跡 30話「喪失」

東方刻奇跡まとめへ戻る ******* 霊夢が、早苗の友達――加奈を攫った。いや、あれは霊夢と言っていい存在だったのだろうか?それすらも、疑問に思ってしまうほどの異常だった。 外へ出ると、淀んだ雲が空を覆っていた。それを見るだけで、どこか不安になって…

ニコ童祭無事に参加出来ました。

【ニコニコ動画】【第6回東方ニコ童祭】東方エクスプロージョン こちらになります。ぬわああああああああああん緊張したもおおおおおおおおおん これからも一発ネタとかでちまちま動画上げられたらいいな。出来れば東方一色にしたいところだけど

【東方小説】東方刻奇跡 29話「親友」

東方刻奇跡まとめへ戻る 「そういえば」 自己紹介の後、それぞれ――椅子に座ったり、粗茶を飲んだり――ゆるりと休息を取っていた。その最中、早苗がふと声を上げて、加奈を見た。 「どうして幻想入りした私のことを覚えていたの?外の世界ではもう忘れ去られて…

しばらく放置していたので近況報告

お久しぶりです。忙しくて小説全然更新できてないです。 何を隠そうテスト一日目が始まりました。今から対策しておかないとまずい気がしていたので、しばらく勉強づくし。それと、今月末に開催されるニコ童祭に動画参加してみようかと思ってまして、ちまちま…

【東方小説】東方刻奇跡 28話「再会」

東方刻奇跡まとめへ戻る (※この章はオリジナル要素が多少含まれていますがそこまで重要な立ち位置じゃないので気にしないでください) 「色々と、有難うございました」 夜が明けて、真昼時になった。あの後白玉楼で休息を取った早苗は、また自らの目的の為…

【東方小説】東方刻奇跡 27話「西行妖」

東方刻奇跡まとめへ戻る ***-幽々子-**** 一瞬だけの痛み。それとともに、重要なことが私の脳内に流れ込んだ。西行妖に封印されているのは、生前の私自身の身体。私は自分自身を復活させようとしていたのか。通りでどれだけ頑張ろうとも封印が解けないはずだ…

キングダムハーツ2 FINALMIX レベル1縛りプレイレポート

どうも。くわないです。 Twitterを見ていた方は分かると思いますが、俺は一ヶ月以上前からキングダムハーツ2ファイナルミックスのレベル1その他色々縛りプレイをしていました。 具体的な縛り内容 ・レベル1 ・ドーピング無し(APアップ除く) ・グロウアビリ…

【東方小説】東方刻奇跡 26話「妖怪桜」

東方刻奇跡まとめへ戻る 【2014年4月2日、東方刻奇跡のタイトルロゴ作成してみました。上記のリンクからどうぞ↑】 早苗が告げた言葉を聞き取った幽々子から徐々に笑みが消えていくのが見てとれた。それを見た早苗は、自分自身の行動を後悔した。浅はかだった…

【東方小説】東方刻奇跡 25話「亡霊の姫君」

東方刻奇跡まとめへ戻る 妖夢の元へ飛んで戻ると、妖夢は剣の柄の部分を支えにしながら前のめりになっていた。周りに妖怪はいない。恐らく紫が離脱したとともに妖怪達も戦うのをやめてどこかへ行ってしまったのだろう。 「妖夢さん!大丈夫ですか?!」 早苗…

【東方小説】東方刻奇跡 24話「試作品」

東方刻奇跡まとめへ戻る 紫の一言で、早苗たちを囲む妖怪達は一気に動き出した。もちろん、フランドールも然り。それを見た早苗と妖夢は身構え、いつでも反応出来るような体勢をとった。 「紫様!何故こんなことをするのですか!早苗が何をしたというのです…

遠野紅楼夢参加してきました。(今更)

そういえば更新するの忘れてたので今言います。僕は岩手県にある遠野で開催された紅楼夢9.5、もとい同時開催された秘封オンリーイベントの夢の世紀 魅知の旅に参加してきました。 初イベントですよ初イベント!こんな田舎に住んでいるのに高校生の段階で!!…

【東方小説】東方刻奇跡 23話「禁忌」

東方刻奇跡まとめへ戻る 此処は人間の里。早苗は自身の目的――信仰を集めて早苗自身にとって大切な神様である神奈子と諏訪子を復活させること――を達成するために、軽い芸や説明をしていた。 早苗の額には、多少の汗が流れていた。陽を浴びて暑いわけでも炎に…

【東方小説】東方刻奇跡 22話「愛の想い」

東方刻奇跡まとめへ戻る (続いて魔理沙視点) これから早苗の家――守矢神社の上を通り過ぎることになる。今はレース中であるから、『そこ』を確認するのは良くて数秒――この間に何か早苗に伝えられるようなことを見つけられればいいが。 見えてきた。守矢神社…

【東方小説】東方刻奇跡 21話「飛沫と夕焼け」

東方刻奇跡まとめへ戻る (引き続き魔理沙視点) 異変に気付いた私は辺りを見回し、真下にある湖を見た。そこから無数の水玉――大きさは私自身と同じくらいのようだ――が吹き出してくるとともに人影が二つ。その大きな水玉は弾け、私とぬえを含めた辺り一体を…

【東方小説】東方刻奇跡 20話「ぬえVS魔理沙」

東方刻奇跡まとめへ戻る 香霖堂へ戻った早苗は、椅子に座ってベッドに横たわる霖之助を見ていた。ゲームが始まる前に魔理沙が霖之助を介抱したので早苗にすることはない。強いていうならば――見張りか。と、そんなことを考えていると、視界の隅に影が。見ると…

【東方小説】東方刻奇跡 19話「ゲーム」

東方刻奇跡まとめへ戻る 「お前はっ……ぬえか!香霖に何をしたんだ!」 人形のように倒れ、硬直している霖之助を抱きかかえながらぬえを睨んで魔理沙が叫んだ。ぬえは、へらへらとした様子だった。 「何をそんなに激昂しているのよ。心配しなくても、ただ記憶…

アクセス数10000

こんばんは。くわないです。 なんと今日見たら当ブログのアクセス数が一万越えをしていました。 一日のアクセス数は平均20~60くらいなのがじりじりと増えた結果こうなりました。 それは何故か。言うまでもなく東方小説のおかげですね。 毎日「東方小説」で…

【東方小説】東方刻奇跡 18話「エゴ」

東方刻奇跡まとめへ戻る 第四章 継承するもの 「おかえり早苗。何かあったのかい?」 香霖堂へ帰宅して早々、霖之助が出迎えてくれた。本来ならばさっきのことを話すべきなのだが――今はどうしても話す気にならない。 「すみません…ちょっと、具合が悪いので……