読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毅然とし、それとなく。

気まぐれでありつつ適当に書き記す。

『かぜなきし』を読みました

どうも、くわないです。
本日はとっても面白い東方同人誌を読んだのでついつい衝動で更新してしまいました、、、
早速本題へ。
f:id:mariotorui-zi:20150415222224j:plain
今回僕が読んだのは、いよかん。さんの『かぜなきし』という作品でした。
中古だけどかなり前の作品なので致し方無し。

続きを読む

【東方小説】東方刻奇跡 33話「穢れた真実」

東方刻奇跡まとめへ戻る









 無意識だった。
 身体は妖怪の山へ――かつての帰るべき場所、守矢神社へと動き出していた。
 早苗の知らない隠されている真実を知りたかったのか。眼前の出来事を否定したかったのか。あるいは、そのどちらでもあったのかもしれない。
 小傘とぬえが死んだ。自分に触れただけで。
 今、自分の身には何が起こっている?自分は何を知らないのだ?そして――それはいつから?
 心の混乱は止まず、気持ちの整理がつかなかった。今はただ、知るために翔けるしかない。
 五年前の自分であれば、好奇心に任せあちこち寄り道をしながら歩いていたものだが、今はどんなものにも目が暮れなかった。
 見るまでもない。
 そう、早苗は幻想郷に存在するものをそれほどまでに見慣れ、生活に馴染んだものだと思っていた。
 しかし、二人の生命を奪い――自らの身に異変があるのを気付き始めた途端、その思いは急速に遠く離れていった。幻想郷の住人に対する親近感とともに。
 早苗はもう戻れないところまで足を踏み入れてしまっている気がした。全ては守矢神社に託されている。
 気がつくと、早苗は妖怪の山まで辿り着いていた。それまでの時間はまるで瞬間移動したかのように一瞬のように感じられた。
 立ち止まっていると、麓の警備を担当しているらしき白狼天狗が油断しきった表情で目の前を通り過ぎた。
 やがて早苗の存在に気がつくと、身体が小さく跳ねてすぐに引き締まった顔をし、両手に持った武器を構えた。しかしそれはすぐに、疑問を浮かべた表情へと変化し、徐々に恐ろしいものを見たような表情へと変貌していった。
 身体を強張らせた白狼天狗は、急いで身体を翻して山へと登っていった。
 分かっている。恐らく五年前の出来事を引き摺っているのだろう。どうせ何を言っても聞く耳を持たないと考えた早苗は、真っ直ぐに妖怪の山頂上へと飛んだ。



            最終章 楽園

続きを読む

【東方小説】東方刻奇跡 32話「空虚なキオク」

東方刻奇跡まとめへ戻る





******

 時は魔理沙霊夢を掴んで上空へと躍り出た直後まで遡る。
 そんな二人を見ようともせずに大きく眼を見開いたままの早苗は、目の前に転がる加奈だったものを見つめていた。地面に膝をつき、座り込んで脱力しながら。
 加奈ちゃん、が………違う。そんなことは有り得ない。有り得ないんだ。
 早苗は頭を抱えて横に振った。しかし、眼前に広がる現実は変化することは無かった。
 ああ………加奈ちゃん……加奈ちゃん、加奈ちゃん加奈ちゃん加奈ちゃん加奈ちゃん加奈ちゃん加奈ちゃん加奈ちゃん加奈ちゃん加奈ちゃん加奈ちゃん加奈ちゃん。
 もう、そこにはいない。
「あ゛あ゛……ッッ」
 唐突にそんな現実が襲い掛かってきたように感じて、早苗は尋常ではない呻き声をあげた。今の早苗には、信仰のことなど欠片も頭になかった。
 一体私はどこで間違えてしまったのだろうか。どうして無関係であった加奈が今私の目の前で横たわっているのだろうか。
 そんなことを考えながら、早苗は加奈の頭に触れた。触れた瞬間に伝わった微かな温もりが、現実をより一層強く表しているように感じた。
 それを持ち上げて、早苗はゆっくりと抱き締めた。
 すると、なにかこれまでに感じたことのない感覚が襲った気がした。……感じたことの、ない?いや――何度も感じたことがあったような……?
 刹那的にそんな思考が巡ったが、深く考える余裕なんてものは今の早苗には無かった。
 そのまま、抱き締める体勢のまま、静かに、早苗は瞳を閉じた。
 視る事をやめ、聴覚だけに身を委ねると、静寂な空間に包まれていることがよく感じる。
 静かな世界。それは、少しだけ加奈が隣にいるような――そんな気がした。

続きを読む

【東方小説】東方刻奇跡 31話「ハクレイノミコ」

東方刻奇跡まとめへ戻る







 霊夢とともに上空へと躍り出た魔理沙は、そのまま霊夢に向かって近距離で弾幕を放ち、霊夢を吹き飛ばすことによって距離をとった。
 すると、霊夢は仮面の奥に潜む瞳を赤く煌めかせて魔理沙を見つめた。
「お前……一体どうしちまったんだよッ!!」
 魔理沙は表情に怒りを露わにして大声で叫ぶ。が、脳内ではひどく落ち着いて状況分析をしていた。
 うまく標的を挿げ替えることが出来たようだ。霊夢の狙いは早苗。その早苗は今動けない状態だ。私がフォローするしかない。だが。
 魔理沙はそっと自身の腹部を掌でさすった。
 あまり激しく動くとこの子……香霖との大切な二人目の子供がいなくなってしまう。最小限に動かなくてはならない。

続きを読む

C86お疲れ様でした。(今更)

こんばんは!くわないです。
なんとなんと、僕は夏コミに参加してきました!!(今更)
デジャヴなんてなかったんや。
f:id:mariotorui-zi:20140824204327j:plain
もちろん初参加なので、オフ会も兼ねての参加ということになりました。交通費とか色々合計するとお金を5万以上溶かしましたが、とても楽しい思い出になりました!!

コミケ当日は始発でしたが、始発ダッシュの際にメンバーとはぐれてしまい会場はほとんど一人で練り歩いていましたww(まあ、どちらにせよこうなる予定だったので問題はありませんが)
しかし、なんというか……戦場でしたね、あれは……。始発ダッシュがトラウマになりそうwww

ここで、戦利品のご紹介。なんと初参加なのにほしかったもの全て入手出来ました。欲しいもの少なかったからというのもあるけど。これもオフ会主催者である大地の神風さんが事前に念入りな情報を用意してくださったお陰です。本当にありがとうございました。

ではまず最初にゲーム類。
f:id:mariotorui-zi:20140824205249j:plain
左上から獅子心総集編、ふしげん3plus、ふしげん3、幻想少女大戦永、(左下へ)天壌のテンペスト東方紅輝心、妖々剣戟夢想。一番右下の宵闇伝説はとらのあなで入手(地味に前から欲しかったものなのでつい衝動買い)
f:id:mariotorui-zi:20140824205353j:plain
舞風さんの新譜、凋叶棕さんの新譜(かなり凄いので購入超推奨)、第二回東方M-1R(まだ見てない)
f:id:mariotorui-zi:20140824205513j:plain
同人誌類。こーまり!こーまり!!最高だよこーまりんぁぁああ!!(後になって早苗本も買えば良かったと心底後悔)
イラスト本や、ギャグ漫画多めでした。(シリアスも欲しかったけどそんな余裕はなかった)
f:id:mariotorui-zi:20140824205738j:plain
四面楚歌さんの新刊セット。現在「ゆめゆめゆめ」を読んでいる途中です。会場限定本(?)の蓮子のメモ帳は、「うつつのゆめ」を読んだ僕からすると鳥肌が治まらない内容でした。本当に買って良かった。
バッグは後述の幽閉さんバッグを使用しているので母親に譲りました(デザインもわりかし普通だったので?)
f:id:mariotorui-zi:20140824210023j:plain
幽閉サテライトさん新刊セット。これはコミケ一日目の夜に開催された幽閉樂祭で神風さんにおつかいを頼んで買ってきていただきました。ありがとうございました。(俺だって幽閉樂祭行きたかったけど金銭的な都合で、ね…)


とまあ、こんな感じです。凋叶棕さんの新譜である「屠」がすっごく引き込まれる内容なのでオススメです!

で、僕はまだオフレポ漫画を描いていませんね。
ここで僕のコミケが終わってからの一週間を見てみましょう。
月曜 学校 ゲーム
火曜 学校 ゲーム
水曜 学校 ゲーム
木曜 学校 ゲーム
金曜 学校 ゲーム
土曜 ゲーム(配信)
日曜 ゲーム

戦利品のゲームが楽しすぎてそればっかです。
だから東方M-1もまだ見てない状況に陥ってるわけなんです、ハイ。
いやね、いずれ描きます、描きますから・・・ね
その時はまた更新しようかな……?

今日はこの辺で。
そろそろ小説更新したい。

【東方小説】東方刻奇跡 30話「喪失」

東方刻奇跡まとめへ戻る





*******

 霊夢が、早苗の友達――加奈を攫った。いや、あれは霊夢と言っていい存在だったのだろうか?それすらも、疑問に思ってしまうほどの異常だった。
 外へ出ると、淀んだ雲が空を覆っていた。それを見るだけで、どこか不安になってしまうような気がして――脳裡によぎる嫌な予感を魔理沙は頭を軽く振るとともに追い払った。
 私がこんなことを想像しても仕方ない。一番傷つくのは早苗だ……と、自分に言い聞かせつつ。

続きを読む

ニコ童祭無事に参加出来ました。


こちらになります。

ぬわああああああああああん緊張したもおおおおおおおおおん
これからも一発ネタとかでちまちま動画上げられたらいいな。出来れば東方一色にしたいところだけど